委託管理よりメリット多数|不動産投資で成功する方法|失敗事例からアパート経営を学ぶ

不動産投資で成功する方法|失敗事例からアパート経営を学ぶ

女性

委託管理よりメリット多数

つみき

融資を受けやすいメリット

サブリースは委託管理よりもメリットが多いのが特徴的です。例えば、融資を受けやすくなるのもサブリースのメリットの1つです。サブリースは空室の有無に関わらず、毎月安定して契約家賃を受け取ることができます。安定収入を見込めるためにオーナーも安心して事業計画を立てることができますし、融資を受ける時も審査を通りやすくなります。金融機関も、一定の家賃が保証されたサブリース契約のオーナーは経営の安定性を認めてくれます。また、サブリース契約では入居者の募集から退去時の諸々の手続きまで、オーナーが手を煩わされずに済みます。入居中のクレームやトラブルにも対応しなくても住むので、途中「投資に疲れた」と精神的苦痛を受けることもありません。

長期契約を希望するなら

長期の契約を希望するなら、委託管理ではなくサブリース契約を選択するようご注意下さい。委託管理では基本的に2年毎に契約しなければなりません。その点、サブリース契約では最大で35年もの長期契約が可能です。長期スパンで事業計画を立てたいと考えているオーナーにも最適です。空室保証や家賃滞納保証など、委託管理契約ではオーナーが対応しなければならないことも、サブリース契約では会社にお任せすることができます。資金は出すけれどできるだけ実際の業務にはノータッチでいたい方にも、サブリース契約はぴったりです。手数料はかかりますが、手数料を支払う価値がある充実したサービスを受けることができます。現在委託管理からサブリースに乗り換えるオーナーさんが急増していますが、契約方法違いで不動産投資の利益に差が出ます。既に投資中級者のオーナーさんも契約方法を見直し、最適な方法で契約し直しましょう。