不動産投資で成功する方法|失敗事例からアパート経営を学ぶ

つみき

委託管理よりメリット多数

つみき

サブリースを利用すれば、例え空室ができても安定した収入を得ることができます。また、サブリースを契約していると融資を受けやすくなる利点もあります。住人が家賃を滞納したときも、専門会社が対応してくれるので管理が楽になります。

もっと読む

企業の成長に必要な買収

握手

企業というのは経営が順調に回転すると、新たな事業が必要になります。その時に利用するのが企業買収です。必要な事業を1から立ち上げると資金的にも時間的にも負担になります。すでに稼働している企業を買収すれば、技術や人材をそのまま受け継げます。小さい企業を次々と買収することで大きく成長できます。

もっと読む

経営で成功するためには

婦人

立地の問題

アパート経営の失敗事例のひとつめは、立地の問題です。たとえば、親から譲り受けた土地にアパートを建てて、そこに入居者を募って貸すようなケースです。その土地の状態をあらかじめ調べることなくアパートを建てたり、周辺環境を考えずに入居者を募ったりすれば、じきに空き家となってしまうことが考えられます。土地の状態として調査が必要なのは、地盤調査や土壌汚染の調査などです。地盤のゆるい土地にアパートを建てると、地震や台風被害などで崩れるおそれがあります。また、アパートの周りの施設が充実していることなど、周辺環境を調べずにアパートを建てると入居者が入らないでしょう。アパート経営の失敗事例としてあがっている問題がありますから、そのような事態に陥らないように十分に計画を練ってください。

入居者の問題

アパート経営の失敗事例の二つ目は、入居者の問題です。アパート経営で難しいのは、入居者の管理だと言われています。しっかりした審査をせずに、適当な入居者を入れてしまうと、その入居者が騒音問題で上下階の住人とトラブルを起こしたり、家賃を滞納するようなことになりかねません。家賃を滞納するようなことのない、部屋をキレイに使ってもらえる入居者を探すことです。それには、入居者が入りたがるような立地の良い場所にアパートを建てることが大切です。何ヶ月も入居者が入らないようなアパートだと、良い入居者を選ぶことは難しくなるでしょう。このように、アパート経営で失敗しそうないくつかの事例がありますから、前もって調べておいてください。また、賃貸物件の経営をサポートしてくれる会社に相談する方法もあります。彼らは実地調査を行って、より利益が出せるアパート経営をアドバイスしてくれるでしょう。また、アパート管理を代行してくれる会社もあり、オーナーと住人の間にたって家賃の徴収や住人間のトラブルを解決してくれるのです。

不動産は投資向きの商品

セミナー

不動産投資セミナーは無料のものが多くなっていますが、その理由としては不動産会社がスポンサーになっているものが多いことが挙げられます。不動産投資をする人口を増やすための宣伝としても、不動産投資セミナーを行っているからです。

もっと読む